茨城西の輸入住宅 ・・・「インデュアホーム茨城西」・・・

一生に一度であろう家づくり。 お客様の夢のお家を上質な材料で、真心をもって、丁寧に、 時間をかけてご満足いただけるように造り上げていく・・・ お客様の笑顔が私共の無上の喜びです。

Entries

 もう一週間前ですが、降りましたね。
 交通事故が多発、電車が遅延等大変でしたね。次の日もそうですが、路面の影響もあり、車のスピードがいつもより大分遅かったです。
 もっとも、スタッドレスをはいていたため、そこまで神経を使わないで運転できたのはありがたかったです。

 翌日、事務所の前を雪かきしましたが、その際、お隣の小学生(と小学生のおばあさん)と雪だるまを作りました。

 雪だるま

 なかなかうまくできたとは思いますが、二、三日ほど身体中が痛かったです。

 寒い日が続くので、体調管理に気をつけて生活しましょう。


 ところで、冬の車にはスタッドレスタイヤですね。チェーンほどではありませんが、スタッドレスタイヤを履くと道路が凍結していてもおおむね安全に走行できますよね。
 さて、車にはスタッドレスタイヤですが、家には何が必要でしょうか。そう、窓リフォーム(断熱)ですね。

 断熱性能の低いシングルサッシのまだまだ多い関東ですが、交換による手間も断熱材ほどかからず、ダブル・トリプルサッシに変更するとシングルサッシよりも寒さに気を遣わないで生活できます(シングルサッシから変更する場合は、断熱材を入れるよりも性能が良くなる)。
 
 特におすすめなのが、かんたんマドリモ等のカバー工法です。断熱材を入れるよりもスピーディで交換も簡単、交換によって壁を壊すといったことがないので大掃除をして工事に備えるといったこともなく、生活しながらリフォームできてしまいます。
 冬場は特に寒いお風呂場も簡単に交換できてしまうのです。

 実際に、お客様の要望で、窓11組のリフォームをかんたんマドリモでやりましたが、作業時間は1日あたり5、6組で、二日ほどであっさりと終わりました。

 相変わらずの宣伝ですが、この機会にぜひやってみてはいかがでしょうか。


茨城県古河市(最西端)の輸入住宅会社 インデュアホーム茨城西 ※キャンペーンやってます

 
 
 

2018年

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 
 寒いですが、2018年も元気にいきたいと思います。


茨城県古河市(最西端)の輸入住宅会社 インデュアホーム茨城西 ※キャンペーンやってます

今年ももうすぐ

 終わりますね。今年も残りわずかですが頑張っていきたいと思います。

 すっかり冬になったため、不便な面が多いです。

 ・おなかの調子が悪い。
 ・朝方、車のガラスやミラーが凍りついていて、お湯をかけないと見えない。
 ・静電気がひどい。
 ・お風呂場がとても寒くて、心臓に悪い。

 4番目に関しては、お風呂や窓をリフォームするなどで、上手く対策出来ると思います(強引ですが)。
 窓に関しては、時間をかけず簡単にリフォームできるので、もっと寒くなる前に是非やってみてはいかがでしょうか。

 
 また、寒いからこそ良い面もあります。

 ・鍋、おでん等、あたたかいものがおいしい。
 ・スキー等冬にしかできないスポーツがある。
 ・空気が澄む。

 3番目ですが、冬は乾燥しやすいので静電気も多くなりますが、逆に空気が澄んで夜空がきれいに見えたりするわけです。
 空気中の水分が少なくなって、光が散乱しにくくなるからだそうです。

 乾燥しやすいですから、部屋の中はしっかり加湿しておきましょう。

 寒さに気をつけて、よい新年を迎えましょう。

茨城県古河市(最西端)の輸入住宅会社 インデュアホーム茨城西 ※キャンペーンやってます

 

 

連休明け

 本日は短めですが。

 世の中では3連休で、ゆっくり休めた方も多いのではと思われます。こちらでは、小中学校は、文化祭や学校祭といった日の振替で木曜日を休みにしての4連休にするところもあったようです。連休と言う事で旅行する方々も多かったのではないでしょうか。

 私は、家の掃除など、有意義な時間を取れたように思えます。

 さて、秋らしい?それなりの気温で、日中すごしやすい日々が続いております。しかし、夜は一気に冷えるので、体調管理にお気を付け下さい。


茨城県古河市(最西端)の輸入住宅会社 インデュアホーム茨城西 ※キャンペーンやってます


 

 冬みたいです、一気に冷えましたね。静電気も鬱陶しいですが、ここ数日冬の中旬の気温である、クリスマスくらいの気温であるなど、暑くもなく寒くもなくすごしやすい日はまだまだ来ないようです(来るのだろうか)。
 
 冬アイスもあるから夏おでん(?)でしょうか、今年のコンビニのおでんの販売は早かったように思います。おいしいけど、まだまだ暑いのに買う人は少ないのでは、と思いましたが、もうおでんの出番ですね。スーパーでも大々的に売られていました。

 寒くなるのを見越して売っていたのだとしたら、ものすごい勘だと思います。

 もっとも、最近では冷たい飲料を常温で置いているコンビニもあるので、一定のお客さまのニーズにこたえた、という事だと思います。

 さて、毎回書いていますが、窓リフォームをしてみませんか。簡単かつ機能的で、床や天井に断熱材を入れるより効果的であります。
 また、最近ではペレットストーブを取り扱い、推しています。

 ペレットストーブとは何かというと(以下ずっとwikipediaの引用)

 ペレットストーブ(pellet stove)とは木質ペレットを燃料とするストーブのことである。スウェーデンなど北欧に製造メーカーがあり欧米各国で普及していたが、日本国内でも1990年代後半頃から製造を試みる中小メーカーが現れ普及しつつある。間伐材の利用促進や非化石燃料を用いることで地球温暖化対策に貢献するなどの環境問題から注目されるとともに、灯油小売価格の高騰などの追い風もあり普及しつつある。

 では、燃料の木質ペレットとは何かというと

 木質ペレット(もくしつペレット)は、おが粉やかんな屑など製材副産物を圧縮成型した小粒の固形燃料のこと。ペレットストーブ、ペレットボイラー、吸収式冷凍機の燃料として用いられる。木質バイオマスペレットとも呼ばれる。
 木質ペレットは燃焼によってCO2を発生するが、化石燃料の燃焼とは異なり炭素循環の枠内でその総量を増加させるものではないため、統計上は排出しないものとして取り扱うことができる(詳しくはカーボンニュートラルを参照)、不要物を原料とするなどCO2排出量削減の観点と、近年の原油価格高騰に対抗するコスト削減の観点から急速に注目を浴びている。

 つまり、環境に優しく低コストな暖房ということです。

 また、昔と違って

 機器が大きいこと、微妙な火力調整が苦手なことが欠点であり、日本の都市部の住宅ではオーバースペックになりがちであったことと、ペレット自体が入手困難であったために日本ではあまり普及していなかったが、近年は化石燃料の高騰、ペレットストーブが低価格化かつ、高性能化し細かな温度調整も可能になったこと、ペレットが入手しやすくなったこと、などの要因も後押しして、普及しつつある。また、ペレットストーブの購入に助成金あるいは補助金を設ける自治体も存在する。

 となっております。

 ペレット自体の入手がやや手間なのと、薪ストーブのように設置コストがかかりますが、環境にやさしく燃料のコストは石油より大分やすくなりますので、是非導入してみてはいかがでしょうか。
 また、見た目も、薪ストーブのように暖炉風なオシャレな見た目となっていて、インテリアのようです。


 これから、徐々に涼しくなっていくかわからなくなりましたが、新築・リフォームはいかがでしょうか。↓いつも通りですが

茨城県古河市(最西端)の輸入住宅会社 インデュアホーム茨城西 ※キャンペーンやってます
 

左サイドMenu

プロフィール

インデュア

Author:インデュア
インデュアホーム茨城西へようこそ!
弊社は、茨城県西部の古河市にある輸入住宅の会社です。
 「お客様の笑顔が無上の喜び」をモットーに営業展開しています。
 一人でも多くの方々に笑顔をみせていただけますよう頑張ります。
よろしくお願い申し上げます。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

☝2ヵ所クリックしてください。 ご協力お願いします

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード